MENU

シャンプーをする際、あまりに洗浄力の強いシャンプーを使用してごしごし洗ったり、1日に何度も洗ったりすることは逆効果となってしまうので注意が必要です。

 

現在多くの種類のシャンプーが販売されていますが、ドラッグストアなどでよく売られている一般的なシャンプーは石油系シャンプーとよばれるものがほとんどです。

 

石油系シャンプーは大量生産に向いていて安価で手に入るのですが、非常に洗浄力が強く必要な皮脂分までも洗い落としてしまい肌トラブルの原因に繋がりやすいというデメリットがあります。

 

最低限必要な皮脂分までも洗い落としてしまうと、皮脂を取り戻すために皮膚は逆に過剰に皮脂を分泌し、そのことによって頭皮のかゆみや炎症が生じることになります。
清潔にしようと過剰に洗えば洗うほど、匂いや炎症を引き起こす原因となってしまいます。皮脂を取りすぎるのも頭皮にとってよくないのです。

 

またそのような肌トラブルから脂漏性皮膚炎を頭皮に生じた場合、非常に強い頭皮のかゆみやフケが起こることがあります。

 

脂漏性皮膚炎は症状がアトピー性皮膚炎と似ているため間違えられることが多い皮膚病ですが、原因はマラセチア菌と呼ばれる真菌類の1種です。このマラセチア菌が皮脂分を栄養にして増殖することによって、菌の老廃物などが原因となり頭皮の炎症を引き起こしてしまうと考えられています。

 

このように頭皮の洗いすぎは逆に頭皮によくないので注意が必要となります。