MENU

現在シャンプーにはたくさんの種類がありますが、一般的に石油系シャンプー、石鹸系シャンプー、アミノ酸系シャンプーなどに分類されます。

 

石油系シャンプーは大量生産向きで安価ですが、比較的洗浄力が強いため頭皮にとって必要な脂分まで全て洗い流してしまうというデメリットがあります。

 

そのため頭皮はこれを正常の状態に戻そうとして皮脂の過剰分泌を引き起こします。その結果、頭皮では正常な肌のターンオーバー(再生の周期)をすることができなくなり、頭皮の匂いがますます強くなったり、フケが大量に発生してしまうという肌トラブルに発展してしまいます。

 

こうした石油系のもの以外に、石鹸系シャンプーやアミノ酸系シャンプーなどがあります。天然原料や無添加のものから作られる石鹸系シャンプーは、環境にも優しくて洗浄力も程よく非常に素晴らしいシャンプーなのですが、コーティング剤などを使用していないため洗い上がりの髪の手触りが悪くギシギシするというデメリットがあります。また毛染めの退色が早くなってしまう場合もあります。

 

頭皮の匂い対策でシャンプー選びを検討している方におすすめなのは、アミノ酸系シャンプーを一度使用してみることです。アミノ酸系シャンプーの洗浄力はマイルドで刺激が少なく、石油系シャンプーに比べあまり泡立ちは良くないものの余分な皮脂のみを洗い流してくれます。そのため皮脂の過剰分泌がなくなり、頭皮も正常な状態になりバリア機能が回復するため、炎症やフケなどの肌トラブルが治りやすくなります。